1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:08:51.32 ID:Lmn9R6FL0

文豪,逸話
 
業績って言葉は森鴎外、経済って言葉は福沢諭吉が作った

三島由紀夫の嫌いな食べ物はカニで、蟹って漢字まで嫌っていた
引用:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1334426931/l50


 
8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:16:24.44 ID:ULyKUTWLO
>>1
確か蟹食えるよ三島由紀夫

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:18:35.56 ID:Lmn9R6FL0
>>8
三島のエピソードの中でもよく知られているのが、「カニ嫌い」であろう。「倅にとってカニは不倶戴天の敵であり」、「カニを見ると、たちまち真青になってブルブル震えて逃げ出すという、実に念の入ったもの」(『倅・三島由紀夫』平岡梓)であった。しかし殻から取り出して身だけになると平気で食べたという。

……ってことらしいね

3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:12:50.39 ID:i03ZmY9uO
理系の作家、安部公房は人生最後の食事はなにがいいですか?と訊かれて「本物のトマトジュースとチーズ」と答えたそうな。

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:13:21.88 ID:lQQ3p9SC0
森鴎外って子供にDQNネーム点けてた人だっけ?夏目漱石だっけ?

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:14:52.72 ID:Lmn9R6FL0
>>4
森鴎外だね。

ググったら

於菟 オット
茉莉 マリ
杏奴 アンヌ
不律 フリッツ
類  ルイ

だってよwww

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:15:36.83 ID:FFCdYkCV0
夏目漱石は原稿が行き詰まると、鼻毛を抜いて原稿用紙に埋め込んでいた

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:17:08.08 ID:zomEAo8h0
晩年の夏目漱石の小説のタイトルはほとんど適当

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 05:03:09.81 ID:DP7Hod6H0
>>9
2456

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:22:46.83 ID:i03ZmY9uO
また安部公房の話だけど、医学部時代に友人と結核の診断書を偽造して徴兵を逃れたらしい

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:30:59.02 ID:Lmn9R6FL0
人いないな。

宮沢賢治は思いつきでなんとなくずっと西へ向った事がある

16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:34:22.13 ID:Lmn9R6FL0
村上春樹はギョーザが嫌い

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:35:48.49 ID:ULyKUTWLO
こういうの知らないし面白いから見てる

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:37:11.50 ID:Lmn9R6FL0
中上健次は兄の自殺した命日(三月三日)になると必ず泥酔して暴れた

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:37:56.15 ID:dQlPBYHJ0
太宰治は芥川賞がどうしても欲しかったから選考委員会に媚を売りまくった

しかし、選考委員会の川端康成が『太宰は人間として欠陥がある』との理由で受賞に待ったをかけた

怒った太宰は川端に『小鳥と歌い、舞踏を踊るのがそんなに高尚か。刺す』との手紙を送った

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:38:42.59 ID:Lmn9R6FL0
中上健次は「百年の孤独」を読んで「千年の愉楽」を書いた

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:40:31.94 ID:Lmn9R6FL0
内田百聞は風呂あがりに手拭がなかったという理由でそこにいた猫で体を拭いた事がある

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:42:18.77 ID:9bubUz72O
概出かもだが、村上春樹は神宮で野球を見てる最中に小説家を志した

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:44:38.56 ID:Lmn9R6FL0
リチャード・ブローティガンは、「アメリカの鱒釣り」を書く際、最後がマヨネーズの作り方で終わる小説が書きたかったと書いてた

30: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:45:04.76 ID:9bubUz72O
宮部みゆきは体が小さすぎて自動ドアのセンサーが反応しなかった

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:45:40.63 ID:Lmn9R6FL0
日本には犯人が読者という小説が二つある

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:46:25.46 ID:dQlPBYHJ0
芥川賞がアイドル的脚光を帯びだしたのは石原慎太郎から

ソースは遠藤周作

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:46:27.26 ID:Mbof4Xji0
スティーブンキングはデビュー前、書きかけの原稿をものにならないとゴミ箱に捨てた

それをなにげなく拾って読んだ妻が「これ面白いわよ」と言った為完成させた

それがデビュー作キャリー

34: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:47:11.66 ID:tW3A2OU/0
カフカは親友に「僕が死んだら自作はできのいいのを残して全部燃やしてくれ」と言った

われわれが『審判』や『城』を読めるのは親友の裏切りのおかげである

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:47:24.30 ID:hagr81wZO
スティーブンキングはクモが嫌い

スタンリーキューブリックのシャイニングが気にくわなくて自分で作り直した

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:47:29.17 ID:Lmn9R6FL0
アンデルセンは夜眠った時に死んでると間違えられて埋められることが怖かったので、枕元に「私はまだ死んでいない」と書かれた紙を置いて寝ていた

38: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:50:21.99 ID:Lmn9R6FL0
イソップは奴隷の身分だったが、支配者側からみて奴隷の規範となるような物語(イソップ物語)を書いて自分だけ奴隷の身分から解放された

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:51:09.56 ID:Lmn9R6FL0
島崎藤村は自分の姪を妊娠させて海外に逃亡した

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:52:45.55 ID:Lmn9R6FL0
南方熊楠は反芻ができて、いつでもどこでもゲロが吐けた

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:53:21.06 ID:dQlPBYHJ0
森鴎外の小説『舞姫』のヒロインはエリスという名で架空の人物かと思いきやエリスと名乗るドイツ人が森鴎外宅にやってきた

もしかしたら森の留学中のノンフィクションかもしれないという話

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:57:45.46 ID:dQlPBYHJ0
『もっと光を』と言い残して死んだとされるゲーテだが、その言葉には続きがあった

『格子戸を開けてくれ』

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:57:55.07 ID:ULyKUTWLO
三島由紀夫は猫が好き

村上春樹も

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 03:59:06.27 ID:tW3A2OU/0
世界最長の小説はヘンリー・ダーガー『非現実の王国で』

約60年間かけて書かれた小説の長さは15145ページに及ぶが、内容はふたなり幼女戦記(陵辱あり)

51: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:00:15.49 ID:dQlPBYHJ0
太宰治を囲む会(みたいなもの)に参加した三島由紀夫は開口一番、「あなたの小説が嫌いです」と言い放った。

「えっ・・・でも・・・どうして君はここに来たの?」と太宰は狼狽えた。

会の出席者が三島に「お伽草子は面白いだろ?」と訊くと、三島は何も言わず黙った、らしい

52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:00:33.95 ID:Lmn9R6FL0
ガルシアマルケスの「族長の秋」という長編小説は一人称が“われわれ”

53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:00:44.50 ID:9bubUz72O
山崎豊子が毎日新聞に勤務していた時の上司は井上靖

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:02:43.02 ID:w1doaeiB0
諭吉は自分で書いてたんじゃなくて手伝いのやつに任せてたって聞いたけど

56: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:02:46.61 ID:dQlPBYHJ0
市ヶ谷駐屯地を占拠しクーデターを起こして自決した三島由紀夫

自決前の演説はヤジが酷過ぎて、誰も真面目に聴いておらずグダグダだった
57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:04:15.53 ID:zqd9MA8x0
爆笑問題の太田の祖父は島崎藤村の書生やってた

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:06:45.59 ID:dQlPBYHJ0
フランス革命のバスティーユ牢獄襲撃は有名だが囚人は少なく、兵士は老兵数人

更に、捕えられていたのは『悪徳の栄え』などで有名な背徳作家、マルキ・ド・サド侯だった

60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:08:47.35 ID:tW3A2OU/0
マルキ・ド・サドはマゾ

66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:10:26.03 ID:Lmn9R6FL0
>>60
悪徳の栄えってやりたい事じゃなくてやられたいことを書いたんだってな

62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:09:02.31 ID:Lmn9R6FL0
イギリスの政治家のチャーチルは演説の才能でノーベル文学賞をとった

63: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:09:23.31 ID:1Z1EQ7EG0
手塚治虫の「W3」のキャラクターの星真一の名前は、星新一から借りたもの

同じく、ボッコの名前も、星新一の作品「ボッコちゃん」から

65: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:10:23.74 ID:9bubUz72O
「スティル・ライフ」で芥川賞を受賞した池澤夏樹の娘は声優の池澤春菜

68: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:10:38.45 ID:dQlPBYHJ0
坂本竜馬は『龍』と言う字が仰々しくて嫌いだったらしい

反対に澁澤龍彦は竜の字が亀みたいで嫌だと言って『竜』の字を嫌った

有名な話ばかりですまんかったが、ネタギレです

80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:19:23.76 ID:ULyKUTWLO
>>68で思い出した

芥川龍之介の龍は辰年辰月辰日辰刻に生まれによるものであり、名前の漢字は竜より龍のほうを好んだ

69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:11:48.72 ID:Lmn9R6FL0
ヘミングウェイはキューバのカストロ議長と釣り友達だった

77: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:16:14.48 ID:9bubUz72O
>>69
カストロに頼まれてUボート狩りも行っていた

71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:13:32.65 ID:ULyKUTWLO
川端康成がノーベル賞を取った際に駆け付けた三島由紀夫に記者が「次は三島さんの番ですね」と言ったところ「次は大江君だよ」と返し、そしてその通りになった

74: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:14:44.18 ID:zqd9MA8x0
>>71
三島と大江って仲はどうだったの?

作品は認めてたんだろうけど

81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:20:40.56 ID:Lmn9R6FL0
>>74
安部公房と三島由紀夫は仲が良かったらしい

クーデターが起きたら三島の家の地下室にかくまう約束までしてたほど

83: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:23:48.29 ID:ULyKUTWLO
>>74
わからない

でもそんなに悪い印象はなかったんじゃないかな

太宰治を嫌っていたのは有名だよね

ちなみに三島由紀夫は作家の世界では友達は一人もいないっていったそうな

72: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:14:12.84 ID:Lmn9R6FL0
星新一は、未来の進化した鶴、ホシヅルのイラストをサイン代わりに描いていた

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:14:37.23 ID:Mbof4Xji0
SF作家 ジェイムズ・ティプトリー・ジュニア

・はじめてゴリラに会った白人女性
・16歳の時に絵の個展を開く
・絵画のヌードモデルをしていた
・アメリカ陸軍航空軍に入隊し、ペンタゴンにて写真解析部門に勤務
・CIAに招かれる
・実験心理学で博士号を取得
・バイセクシャル
・長年覆面作家であり男性だと思われていたが、ファンにより身元を特定される
・夫と銃で心中

作品も面白いが本人が天才でかっこよすぎ

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:14:52.04 ID:dQlPBYHJ0
マルキドサドは娼婦を呼んで自分のお尻を鞭で打たせた

そして、鞭に打たれながらその回数をノートに書き足していた

これは鞭で打たれながらも精神性の優位を保とうとするサディスティックな歓びと見られている

76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:15:47.16 ID:qyhAX+QFO
アレキサンドル・デュマ(いわゆる小デュマ)は黒人とのクォーター

親父の大デュマは大貴族の父が黒人奴隷に生ませた子であり(革命期に将軍として活躍したがナポレオンに嫌われて左遷された)親子ともども女性にはかなりモテたという

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:21:32.00 ID:pmyFtkY40
「I love you.」の訳として夏目漱石の「月が綺麗ですね」が有名だが二葉亭四迷も同文を「わたし、死んでもいいわ」と訳している

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:26:59.25 ID:pmyFtkY40
コピペだけど

昭和十一年暮れのこと、太宰治は執筆のため熱海に逗留したきり金が尽きる頃になっても帰ってこない。「よくない生活をしているかもしれない。行って連れ戻して欲しい」と太宰の妻から頼まれた友人の作家壇一雄が、旅館の支払にこと欠かないようにと幾らかのお金も預かって行ってみると、太宰は大喜びして帰るどころか壇を引き止めて一緒に飲み歩き、とうとうその金も全部使い果たして、飲み屋のツケやら宿の支払も出来ないので帰るに帰れなくなってしまった。

そこで太宰は、東京にいた文学の師井伏鱒二に頼んでお金を借りてすぐ戻るから、それまで人質となってここで待っているように、と言い残して東京へ向かった。ところが数日待っても音沙汰なしで、とうとうしびれをきらした壇が宿屋や料理屋に事情を話して支払を待ってもらい、井伏の家にかけつけてみると、二人は呑気に将棋をさしていたという。

太宰の心情としては、それまでも散々迷惑をかけてきた井伏にこのうえ借金の申込みもおいそれとできず、切り出すタイミングを逃して迷いあぐねていたようで、その時の太宰の言葉が、「待つ身が辛いかね。待たせる身が辛いかね。」

昭和十五年、太宰は『走れメロス』を書いた。

86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:28:08.43 ID:dQlPBYHJ0
グリムやペローの童話で有名な『シンデレラ』だが元ネタがある

類似した物語は各地域に残っており、果ては中国にまで同じような童話があった

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:31:52.42 ID:qyhAX+QFO
太宰治の実家津島家は幕末から現在まででこそ津軽を代表する資産家/政治家の家であるが元をたどれば大浦氏(のちの大名津軽氏)を戦国期に津軽地方へ引き込んだいわゆる"裏切り者"だった

89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:33:45.70 ID:Lmn9R6FL0
安部公房は簡易脱着式のタイヤチェーン「チェニジー」を開発し、国際発明家コンクール銅賞とったことがある

91: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:36:52.19 ID:Lmn9R6FL0
夏目漱石が留学をした際、油谷博士となかよくなって、帰国後油谷博士は味の素を発明した

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:38:56.77 ID:Lmn9R6FL0
筒井康隆は「30歳までに作家としてデビューできなければ死んでやる」と思い、ちょうど30歳で文壇デビューした

93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:39:45.85 ID:Lmn9R6FL0
山本一力は2億円の借金を返すために作家になった

94: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:41:10.18 ID:Lmn9R6FL0
イギリスミステリー作家アン・ペリーは、15歳の時女友達と共謀してその母親を撲殺した

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:42:27.16 ID:Lmn9R6FL0
宮沢賢治はボンボンだった

96: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:43:34.82 ID:9bubUz72O
小松左京は自分の精子をフライパンで焼いて食べたことがある

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:48:23.80 ID:Lmn9R6FL0
村上龍の「限りなく透明に近いブルー」の改題前のタイトルは「クリトリスにバターを」

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:51:13.04 ID:dQlPBYHJ0
>>99
龍ならやりそうw

101: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:55:16.28 ID:Lmn9R6FL0
山岳小説家の代表、新田次郎は自分の作品が山岳小説と呼ばれることを嫌っていた

「平地を書けば平地小説でしょうか」と言ってさえいる

102: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:59:09.39 ID:Lmn9R6FL0
ビクトル・ユーゴーは「レ・ミゼラブル」の出版の時に「?」だけの手紙を書いた

それを受け取った出版社は「!」だけの手紙を返した

売れてる?→バカ売れ!みたいな感じ
103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 05:01:46.23 ID:Lmn9R6FL0
頭が回らなくなってきた、書いた人、感想の人、お付き合いありがとう。では寝る!

110: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 05:07:49.61 ID:ULyKUTWLO
>>103


楽しかった!

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 05:03:34.68 ID:9bubUz72O
遠藤周作が俳句を書く際のペンネームは「雲谷斎(うんこくさい)」だった

90: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2012/04/15(日) 04:36:22.15 ID:dQlPBYHJ0
さくらももこと遠藤周作が対談した際に遠藤から「必ずかけてね」と言われて電話番号を渡された 

失礼があってはならぬと律儀に電話したさくらももこだったが、掛かった相手は東京ガスの支社だった